規格袋 異物(赤ラベル切れ端)

規格袋に赤ラベル切れ端 混入    2017.7

[袋の材質]ナイロン/ポリエチレン

[調査内容]納品規格袋に異物(赤ラベル切れ端)混入

[調査結果]・クレーム品は欠点検知機で欠点を検知した時に貼られた赤ラベルの断片・製袋加工時の検品で赤ラベルが貼付されている袋を取り除いて破棄しますが袋カットした際にラベルも2枚にカットされ更に耳よりラベル端が出ていないため、製袋加工時の検品作業においてラベルが貼付されていた袋が取り除かれず製品に混入し発見された

[再発防止対策]・赤ラベルが製袋品の端に位置しているときは、必ず前後の製袋品に赤ラベルの貼られているものが混入していないことを確認・検品作業が十分でなかったと考えられるため、製袋時検品における赤ラベル貼付分の除去作業とは別に、100枚束毎に袋の耳部を目視検品し、検知ラベルが混入してないことを確認してから外袋に入れる

 

このサイトをフォローする!