群馬県 食品表示法について

食品を摂取する際の安全性及び一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会を確保するため、食品衛生法、JAS法及び健康増進法の食品の表示に関する規定を統合した食品表示法が、平成27年4月1日より施行されました。
生鮮食品はすでに経過措置期間(平成28年9月30日まで)が終了していますが、加工食品及び添加物は法の施行から5年間(令和2年3月31日まで)経過措置期間が設けられており、事業者の方は、この期間中に食品表示基準に基づく表示に変更する必要があります。
また、平成29年9月1日に食品表示基準の一部が改正され、国産の全ての加工食品について、原料原産地表示が義務付けられました。原料原産地表示の経過措置期間は、令和4年3月31日までとなっており、この期間中に原料原産地の表示を行う必要があります。
さらに平成31年4月25日付けで遺伝子組換え食品の任意表示について改正が行われました。義務表示については変更ありません。
なお、食品表示の最新情報は、消費者庁ホームページでご確認ください。

群馬県 食品表示法について「ググっと役立つ食品表示ガイド」食品表示ルール変更