ゆずパウダー アルミ蒸着 規格袋 剥離

アルミ蒸着剥がれ  2016.8

[袋の材質]MLPET/LLDPE

[調査結果]・蒸着剥がれ、実包部分の全面で発生、エンドシールの外側には蒸着剥がれは見られず・エンドシール外側の非シール箇所のラミを剥がしたところ、PET/アルミ間で剥離せず、アルミ/LLDPE間で剥離・剥離しているPETに切り込みを入れた処、PETとアルミ膜の間からゆずの香りが強く感じられた・PETとアルミ膜が全体的に膜が薄くなっていた

[考察]ボトムシール外側の非シール箇所はPETとアルミ膜の密着に異常が見られないことから、内容物の影響で蒸着剥がれが発生したものと推測。蒸着剥がれ箇所はLLDPEがシワシワになっていることからLLDPEは、ゆずの成分(リモネンなどの揮発成分)で膨潤していると推測。また、蒸着が剥離してPETとアルミ膜の間に出来た空間からゆずの香りが強く感じられたことからゆず成分がLLDPEを透過しPETとアルミ膜の間に充満していると推測。蒸着剥がれが発生している箇所のアルミ膜は正常部と比較して膜が薄くなっていることから、ゆず成分によりアルミ膜が侵されていると推測

考察から仮説として以下のメカニズムを推測

①ゆず成分がLLDPEに浸透

②ゆず成分がアルミ膜に到達してアルミ膜を侵食(浸食によりアルミ膜の密着強度が下がった)

③LLDPEが膨潤したことでPETとLLDPEの層間がずれた

④弱体化したアルミ膜がPETから剥離(アルミ膜表面にべたつきが感じられ、アルミ膜が薄くなったことにより接着剤層が露出していると推測)

アルミを侵すような成分がアルミと接触した場合、高温なほど浸食が促進される。充填後の保管に際して高温になるような環境で保管する等、保管環境に特異な点がなかったか確認

 

このサイトをフォローする!